--更新情報--

[2012/05/02]
夏コミC80出たやつがだいぶ前に売り切れたので、Web版アップしました


※前作のWeb配信版はこちら

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィンガーウェイツ
2008年11月11日 (火) 21:00 | 編集

 こんばんは、バナナダイエットに成功した人の数≒DTMとかやったことないけど初音ミクを買って実際に1曲作った人の数 だと思っているユウキです。まあ大半は挫折するでしょうねアレ。


 どうでもいいけどDTMっていまいち好きになれない響きです。デスクトップミュージックっていうのが何となくスケール小さいかんじがしてしまうので、私みたいな方式で音楽作ってる場合はDTMでなくDAW(Digital Audio Workstation)とか言ったりします。ステーション的な要素が加わることによって、乗り入れも可能だぜ! みたいなね。全然意味わかんないけど。


 そういった理由でDTMという言葉はあんまり使わないようにしている私ですが、「卓球」なんかもスケール小せーなーって思ってしまいますよね。テーブルテニスですよテーブルテニス。そりゃテーブルでやるけども! テニスと比較されてしまうと、どうしてもスケールの小ささが否めませんので、何かもっとかっこいい訳があればいいと思います。テニヌとか。



 そんなわけで小・中学校と卓球部の部長であった人間がお送りしているわけですが、ボーカロイドやバナナダイエット、ナタデココやティラミスなど爆発的なブームになるものに対して飽きが早いというのはどうにも我々の習性なのか、みたいなかんじですが、これまた飽きが早そうなものを先日見つけましたので、いつものように勢いだけで買ってみました。その名もフィンガーウェイツ。なるほど、不自然に話を引っ張ると思ったらこういうネタ振りをしたかったんですね私は。




 リンクから飛んだ人はわかったかと思いますが、ピアニスト養成ギプスですね。各指ごとに10~30グラムの重りを付けて練習することにより、コレを外した時にものすごい効果が! 的なアレです。で、一応付けてみたかんじがこちら↓。





私の手を公開するのはこれで2度目。毛深い。




 ああ、バカそうなアイテムだなというのはかなり伝わったと思いますが、元T-SQUAREの和泉宏隆氏までもが絶賛とあっては購入しないわけにはいきません。完全に踊らされています。



 なんか20分の基礎練習で1時間分の効果があるヨみたいなことが書いてあるのですが、冷静に考えたら、20分も基礎練をする時点でもうイヤだなという気分になるのが私でした。しまった。ていうか特に人前で演奏する予定もないので、今更こんなことをやっても意味無いのですが、なんか面白そうだなあというだけで購入しましたよこれ。ていうかコレ、高い! すげぇ高い! 両手で18,000円とはもはや正気とは思えぬ価格設定ですが、それを購入する私もまた狂気なのです。



 そもそも私はピアノとか重くて全然弾けないのでとりあえずキーボードで弾いてみているのですが、結構コレ負担来ますね。成人男性だから最大重量の30グラムでも余裕だろ! みたいなかんじでやってるのですが、結構プルプルしてきました。ていうか今まさにこの日記を打ってる私の両手にフィンガーウェイツが装着されている状態なのですが、これ鍵盤じゃなくてPCのキーボード打ってるだけでもトレーニングにならないかしら。もう左手の小指とか限界になってきましたよ。明日ありえない筋肉痛とかに見舞われたりするんじゃないだろうか。



 そんなわけで3日くらいでもうやめてそうな気もしますが、飽きるまではちょっと続けてみようかということで頑張ります。グノーのアヴェマリアすら微妙という私の鍵盤スキルが、ちょっとでも向上すると嬉しいですね。なんかこれギターの練習にも使えるらしいので、飽きたらに1万円くらいで売りつければいいですね、私は安い店でポイントも使ったので実際は8,000円くらいで購入したことを隠しつつ!



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
template: sukechan / edit: Yuki
-当サイト内で使用している画像・音楽・文章(ブログの一部引用等を除く)の無断使用・転載を未来永劫禁じます-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。