--更新情報--

[2012/05/02]
夏コミC80出たやつがだいぶ前に売り切れたので、Web版アップしました


※前作のWeb配信版はこちら

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちゃんとゲーム作ってんのか不安になる
2008年03月02日 (日) 00:00 | 編集


「このオレに生き別れた妹がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」




 はい、ディスガイア3を購入した15%くらいの方々は同じことしてるんじゃないかなあと思っているユウキです。ただでさえディスっているところに世界樹の迷宮IIまでもが発売してしまっては、もはや取るべき道はひとつ、更新を止めることだね! みたいな勢いでゲームばっかりしてました。かどうかはよくわかりませんが、ディス夫の主人公はレベル4300くらいまで上がりました。強化したアイテムを、アレを使って増殖しまくってウヒャーイとかやってたら、もはや老人になってもディスガイアをプレイし続けるのではないか? とか思うようになりました。これは孔明の策です。




 そんなわけで早売りジャンプを買ってハンターハンターを読んだりしていたのですが、一緒に買ったファミ通に「ゲームメーカー年鑑2007」とかいうのが付録で付いてまして、カシオペアの向谷実が作った「音楽館」なんかも載っていて面白かったです。その勢いでウィキペディアとか見てたらこの人、三国志2,3と戦国無双2,2EmpiresのBGM担当してたんですか。担当してたんですか! いやー全然気付きませんでしたよ。そりゃ未プレイですから気付きませんよ。これは孔明ではなく、諸葛亮の策です。同一人物です。




 そしてこのホニャララ年鑑、アイレムのコメントでは「毎年、4月1日にはWebサイトで新しい事業計画や参入計画、新作ソフトの発表などを行なっています(以下略)」とか書いてあって、これは確実にスペランカー先生の策でした。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
template: sukechan / edit: Yuki
-当サイト内で使用している画像・音楽・文章(ブログの一部引用等を除く)の無断使用・転載を未来永劫禁じます-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。