--更新情報--

[2012/05/02]
夏コミC80出たやつがだいぶ前に売り切れたので、Web版アップしました


※前作のWeb配信版はこちら

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバレエとか平沢進とか実は好き
2007年10月23日 (火) 22:30 | 編集

 今更ですが、割と頻繁に観てます。本当になんなんだろう、このかっこよさは。クリティカルなネタバレも無いので、作品を観たこと無い方でも問答無用で燃えるしかありません。アニメというアニメの中で一番好きかも、OVAジャイアントロボ。





アビーングドーン



 ということでユウキですが、T.M.Revolutionの西川貴教がボーカルをつとめるabingdon boys schoolの1stアルバム、「abingdon boys school」のDVD付き初回限定盤がなんかアマゾンで微妙に安くなっていたので、購入してしまいましたよ。それにしてもタイトルが長いなあ。アビングドンボーイズスクールのアビングドンボーイズスクールですよ。absって略すらしいですけど、むしろそれは樹脂ですよ。



 曲のほうはまあ、元WANDSの人(1期、2期のギターだった人)が作曲担当してることが多いみたいなんですが、1期、2期のWANDSってこんな激しいかんじだったっけ? って思ったけど、そういえばWANDSの印象って「世界中の誰よりきっと(織田哲郎が作曲)」とかが強いので、そもそもよく覚えてねぇという結論に達しました。さすが私。



 で、フンフンフフンフと聴いていたらなんかどっかで聴いたことあるぞ!? みたいなメロディと歌詞だったので調べてみたら、BUCK-TICKの曲(ドレス)とかカバーしてたんですねこの人たち。当たり前だけど声が全然違うから、サビまでまったく気付きませんでしたよ・・・。おお、このねばっこいサビの雰囲気がたまらん。



 そんなわけでWANDSだのBUCK-TICKだの、なつかしキーワード炸裂しまくりのアルバムだったぜ! いや、曲調はそんなことないんだけど。全体的にTMRなどと比べて激しめなかんじなので、苦手な人は苦手かもしれません。ちなみにBUCK-TICKは「Somewhere Nowhere」とか好きでした。メロディが超かっこいいですよね。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
template: sukechan / edit: Yuki
-当サイト内で使用している画像・音楽・文章(ブログの一部引用等を除く)の無断使用・転載を未来永劫禁じます-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。