--更新情報--

[2012/05/02]
夏コミC80出たやつがだいぶ前に売り切れたので、Web版アップしました


※前作のWeb配信版はこちら

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『』バトン
2006年07月28日 (金) 23:30 | 編集

 どうもユウキです。最近は「さよなら絶望先生」の絶望先生が改蔵と化しているのは元からですが、木津千里がどんどん羽美ちゃん化しているのが気になって、最終回は永井豪先生のバイオレンスジャックみたいなオチが付くんじゃないだろうかという気がしてなりません。(誰もが改蔵、絶望先生、バイオレンスジャックを知っているという前提で話を進めます)


 それはさておき、蒼月さんから「『』バトン」なるバトヌを頂いたのでありがたくお答えしたいと思います。コレはアレですかね、以前お答えしたお題変換バトンの質問が微妙に違うというか多分回る過程で誰かが変えたりしたんでしょうね。時代や観覧車が回るたびに世の中が変化するように、バトンもまた回るたびに形を変えて行くということでしょう。観覧車が回ると何が変わるんすか。


 頂いたお題は「芭蕉の友達マーフィー君」だそうです。このサイトに来てる方々でマーフィー君を知らない人などまずいないと思いますが、念のためご説明しますとギャグマンガ日和に出てくるコレ↓のことです。


ギャグマンガ日和(C)増田こうすけ
マーフィー君


 ということで、今週もサクサクお答えするわよ!(説明になってないヨ)




□『』バトン



■最初に出会った『芭蕉の友達マーフィー君』

ギャグマンガ日和(C)増田こうすけ


 私が初めてギャグマンガ日和を読んだのは何かの気まぐれで買ってきた月刊ジャンプに載ってたのがきっかけで、その時に初めて出会ったマーフィー君がコレでした。見てわかる通り、俳聖と呼ばれた松尾芭蕉が弟子の曽良(そら)くんに「俳句は五七五で、季語が入ってないとダメだ」的なことを教えようと思ったら、すでに知っていた状態ですね。



■特別な思い入れのある『芭蕉の友達マーフィー君』

 特に無いです。



■『芭蕉の友達マーフィー君』の秘密の使い方


ギャグマンガ日和(C)増田こうすけ
 基本は「抱いて寝る」だと思いますが、私はピアノの上に置いてます。そのおかげでピアノがボロンボロン鳴りますよ。なんか変な音する!



■『芭蕉の友達マーフィー君』を一言で例えるなら?

 ぐったり。



■今晩のおかずは『芭蕉の友達マーフィ君』よ、と母親が言った

 ああとうとう始まったか、と思うかもしれませんが、ウチの母はとっくに始まっているのでスルーするかもしれません。



■『芭蕉の友達マーフィー君』は何味ですか?

 芭蕉の涙の味がします。



■『芭蕉の友達マーフィー君』は暖めますか?

 芭蕉を暖めます。



■バトンを回したい5人とお題

 私がこの場でボロンボロン回します。





[Web拍手にお答えするコーナー]

>そういえばAMD(CPUのアレ)がATi(ビデオカードのアレ)買収したらしい
>ですね。インテル追撃の一手なんでしょうかね、でもAMDはnVIDIAと
>アレだったのにATiアレしちゃったらアレなんじゃないのかなあ・・・
>んでもって、インテルがnVIDIA買収しちゃったらPentium&RADEON
>使ってる自分はどうなるのかと、思ったり思わなかったり

 ほほう、でもインテルのほうが何かすごそうだということでこれからも私はペンティアムを買ってしまいそうですが、AMDが更に安くなったりしたら考えてしまうかもしれません。しかしCPUって脳なだけにブランドイメージの影響を一番受けますね。とりあえずASUS P4B-266Eに一番合うビデオカードを誰か探してください。GeForce4 MX440は明らかに挙動がおかしくなってきました。



>ラーメン激戦区を渡り歩くんだー!

 学校が東京の池袋だったので何気にラーメン激戦区は練り歩く機会があったのですが、ラーメン屋は楽器持ってると入りづらいとか並んでまでラーメン食べたくねぇ、とかがあったのであんまり入らなかったんですヨね。今考えると勿体無いことをしたようなしてないような別にまあしてないですね。いつでも行けますし。



>(蒼月さん)
>よ、ヨーデル!懐かしいキャラをさりげなく出すユウキさんの
>技量にウットリです。彼のボルガノンにキャラを屠られた記憶が
>あります。Mシールドをかけろ、という感じですね。ヨーデル、
>懐かしいです…。

 どうもどうも、バトンありがとうございました。まさかヨーデルに食いつかれる方がいるとは思ってませんでしたが、見事にあのボルガノン野郎です。当時はスクルトとかフバーハとかのような補助魔法はどうにも好きになれなかったため、同じようにM・シールドなんぞ無しで特攻してたような気がします。SFC版は力のパラメータによって魔法威力も上がるのが恐ろしかったですね。嫌いな魔法はウォームです。(魔法ってかアレ虫じゃん)



>FEは難易度設定がなかなかアレなくせに結局最終話で
>戦うのが主人公や、ヒロイン、あと竜な子だけだったりするあたりが
>ムカッときます。今まで育て上げたシーフへの経験値と時間、
>もろもろを返して欲しいです。

 ファイアーエムブレムはどのシリーズも面白いですが、たしかにラスボスを相手するのは主人公だけだったりでそのへんイヤですね。聖戦の系譜とか、鬼のように育てたスカサハ、ラクチェの攻撃ではユリウスを倒せないのでムカつきました。しかし聖戦~はアレだけイカすグラフィックでありながら鬼のような難易度というワケのわからなさでした。攻略本無しでクリア評価全部Aとか取れるのかしら。



>いっそのこと音楽系サイトからテキスト系サイトに
>クラスチェンジというのはどうでしょう?

 実は開設前は音楽系サイトにしようか美味しんぼのレビューサイトにしようかテキスト系サイトにしようかで迷っていたのですが、テキストだけじゃあ人が来ないなと思ったので音楽系サイトにしたのですヨ。まだレベル10には程遠いので、それまでクラスチェンジできません。



>「今日の~」のネタを考えるのと、「今日の~」の
>休載理由を考えるのではどちらが難しいのでしょうか?

 これは更新頻度を見ていただけばわかるとおり、休載理由のほうが楽なのです。冨樫先生も、ネームのような原稿を上げるよりは休載したほうが、単行本で修正しなくて済むし楽じゃね?みたいなことで休載を続けていらっしゃるのかもしれません。ネームでもいいから読みたいぞ。





※「今日の~」は、作者ベーコンを焼く時だけはやたら真剣なため休載です

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
template: sukechan / edit: Yuki
-当サイト内で使用している画像・音楽・文章(ブログの一部引用等を除く)の無断使用・転載を未来永劫禁じます-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。